ゆうわなのカブクワ日記

2018年9月から飼育・ブリードを始めました。このブログを通じてカブトムシ・クワガタの魅力や自分流の産卵方法や育成方法を発信していければなぁと考えています。

ニジイロクワガタ繁殖計画 ⑥2度目の割り出し

んにちは!ゆうわなです。

 

 

明けましておめでとうございます(?)ついに元号が変わりました!

 

実際は4月から5月になるだけですが、改元天皇が変わったときにしか起きないことなので、必ず1年に1度おとずれる年明けよりも特別感がありますね^^

 

私は平成1X年生まれの人間なので、少なくとも1回、多ければ3回新しい元号改元する瞬間を目の当たりにすることができるでしょう。

次に元号が変わるのはいつになるのか?その頃のカブクワ界はどうなっているのか?興味は尽きません。

 

ですが、いつになってもカブクワを飼育することはずっと続けていきたいですね。

 

 

それでは本題・・・令和1発目の記事になります!

今回の内容は「ニジイロクワガタの産卵セット割り出し」です。

 

大宮KUWATAでパプキンと一緒に購入したニジイロクワガタ。ペアリングを確認してから産卵セットに投入し、2ヶ月が経過しました。

 

こちらも1ヶ月ほどで卵を、1ヶ月半で幼虫を確認することができたのでパプキンのときと同様に安心して割り出しをすることができました。

 

結果・・・

f:id:youwanna-beetles:20190502011159p:plain

少し見切れていますが、幼虫18匹と卵を3つ採ることができました!

こちらも十分な数採ることができたのでよかったです(´ω`)

 

 

割り出してみて思いましたが、幼虫の大きさにかなりの差があります。

f:id:youwanna-beetles:20190502011947j:plain

同じニジイロクワガタの幼虫です。

大きいほうが早く孵化したと言うことはわかりますが、ここまで差ができるとは思いませんでした。

 

また、メスは卵が確認できたセット1ヶ月後の時点で取り出していたので少なくとも30日は経過しているはずですが、まだ卵があったことに驚きです。

大型カブトや他のクワガタの卵も孵化させてきましたが、大体20日程度でみんな孵化してきました。

ニジイロクワガタは産んでから孵化するまでにかかる時間が他の種類より長いんでしょうか?

 

とにかく、これで採卵・孵化も完了しました。1度目の割り出しのときに全然取れなかったときはどうしようかと思いましたが、2回目でこれだけの成果を出すことができてよかったです。

 

 

ニジイロクワガタは孵化から羽化までおおよそ1年といわれています。すでに大きくなっている個体もいるので新成虫を見ることができるのは早くて来年の3月くらいでしょうか。

 

欲を言えば、レッド・ブラック・パープル・ブルーなどの特徴を持った個体が羽化してきてくれると嬉しいです。ノーマル色もいいですけど、普通では見られない色の個体を誕生させることも色虫ブリードの醍醐味でしょうし。

 

 

とはいったものの、第1目標は全ての個体の完品羽化!

今回採れた幼虫のうち何頭が成虫になることができるのかはわかりませんが、できる限り多くの幼虫を完品で羽化させてあげたいですね。

 

頑張ります!o(`^´)o

 

 

TwitterYouTubeブログランキングに参加しています!

フォロー・登録をしていただけると嬉しいです\(^o^)/

https://twitter.com/YouwannaCH35

ゆうわなch - YouTube

 

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m